キリンホームタップ再開!コスパは高い 口コミ・評判や申込方法まとめ

キリンビールが、行っている事業展開の1つとして、キリンホームタップがあります。

これは、プレ会員に登録している方を優先に、キリンが開発したホームサーバーで、きめ細やかな泡でビール好きの方の心を虜にしてしまうほどの物です。

専用のペットボトルに工場からの直送ですから、新鮮な生ビールを家でも楽しめる有料サービスになっています。

2017年6月にサービスを開始しましたが、あまりの人気に10月には受付を中止しており、ホームタップの欠点を改善したのちに、2019年4月からサービスを開始しています。

キリンホームタップは有料サービスですから、気になるのはその金額ではないでしょうか。

 

キリンホームタップのコスパは?高い!?


2019年4月にサービスを再開したキリンホームタップですが、プレ会員向けの有料サービスになっています。

業務用のサーバーが家庭用に改良されて小型化されたのが、キリンホームタップと考えてもらえればわかりやすいでしょう。

有料サービスという事で、どのくらいの金額がかかるのか?と感じている方も多いのではないでしょうか。

キリンホームタップのサービス内容は

月額基本料金+月4本または8本の1番搾りプレミア

 

のセットになっています。

月額基本料金 3190円(税込み)+月4本 5060円(税込み)=8250円(税込み)となっています。

ビール4Lとホームタップで8250円ですから、500ml缶ビールが300円前後と考えると、家庭でビールを飲むのには、コスパが非常に高くなっています。

コスパが高いのに、現状でもプレ会員は抽選よる当選を待っている現状です。

8250円というコスパに対してもそれでも、人気があるというのは、キリンホームタップには、それ以上の付加価値があるという事になります。

それは、ホームタップからグラスに注ぐときにできるクリーミーな泡とビールの味わいが、コスパ高を超える付加価値になっているのです。

キリンホームタップで入れたビールは、缶ビールや居酒屋などで飲むビールとは違ってかなり、上品な味わいが特徴になります。

この上品なビールを飲んでしまうと、他では飲めないほどのおいしさが味わえるので、コスパが高くても、おいしいビールの味には変えられないというのが人気の理由になっています。

 

 

キリンホームタップの口コミや評判はどうなの?

プレ会員に登録するだけで、キリンホームタップのサービスが受けられることになりますが、ビールのおいしさという付加価値がコスパ高を本当に上回っているのでしょうか?

 

キリンホームタップの口コミ・評判

・缶ビールに飽きてしまっていましたが、ホームサーバーを購入するまでは、思っていなかったが、抽選でホームタップが当選しました。
本体も小さく置き場に困らないしメンテナンスも簡単で注ぐビールの味は、缶ビールと比べ物にならないほどのおいしさ。
仕事から帰ってきた自分へのご褒美としておいしく飲んでいます。

・抽選で当選したことから、サービスの利用を始めていますが、ホームタップからグラスに注ぐときの音がたまらなくいいです。
若干利用料金は高く感じますが、季節限定ビールも楽しめるので、ちょっと贅沢ですが、サービスをやめるなんて考えられないです。

・キリンホームタップが気になって、プレ会員になりました。
コスパが高いのが気になっていたのですが、ホームタップで注いだビールを飲んだ瞬間に、ビールのおいしさを実感しました。
外で飲むことを考えたら、一見高そうなコスパですが、実際はそれほど高いと感じないです。
それに、クリーミーな泡が最高にいいです。

口コミ・評判をいくつか紹介しましたが、どれも、コスパ高が当初は気になっているようですが、ビールを飲んだ時から、コスパ高についての考え方に変化が見られます。

コスパ高よりも、キリンホームタップで注いだビールの味わいが勝ったというところが利用している方の本音でしょう。

 

 

キリンホームタップの申し込み方法は簡単にできるのか?

巷でキリンホームタップで飲むビールがうまいと評判になっており、それを聞きつけて自分も試したい!という方も大勢いるのではないでしょうか。

どうやってキリンホームタップに応募できるのか?って疑問に思ってしまいますよね。

 

キリンホームタップの申し込み方法

1.キリン Home TapのHPにプレ会員申し込みボタンがあります
2.プレ会員登録するのにメールアドレスを記入
3.本契約ご登録フォームが届き、「本契約ご登録フォームへ進む」をクリック
4.KIRIN Home Tapの会員規約を読んで重要事項をクリックする
5.届け先の登録・支払情報の登録を行います
6.ビール及びサーバーの郵送スケジュールを設定します
7.全ての登録を終了すれば、本登録が完了し、登録メールが来れば、本登録が完了となります。

気を付けなければならないのは、12か月以内に解約をすると、違約金15000円が発生します。

また、ビールが飲み切らないうちに次の配送がされてくる可能性もあるため、スキップ(配送止め)は3回まで可能ですが連続2か月間のスキップはできないです。

また、何らかの原因でホームサーバーを破損した場合には、40000円がかかる場合もあります。

登録方法はさほど難しい物ではありませんが、色々な縛りがあることも確かなようです。

契約する場合はそれらを踏まえて、検討してください。

 

まとめ

キリンホームタップのコストや口コミ・登録方法などを紹介してきました。

ビールサーバーで飲む方が缶ビールをコップに注ぐよりもはるかにおいしさが違いますよね。

ビール好きの方や家族で夕食時にビールを楽しみながら飲むというのも有りでしょう。

コスパ高を気にする方も当然多くいるでしょうが、ビールは嗜好品ですから、応募する際は、お財布の中身と相談してからの方がいいかもしれませんね。